読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RDG公演『最終触手少女』はクトゥルー神話要素のあるリアルゲームだった

 クトゥルー神話の波はリアルゲームイベントにまで!
 リアルゲームイベント制作のRDGが2013年6月に行っていた公演『最終触手少女』がクトゥルー神話ものだったようです。


 タイトルからしてどこかクトゥルー神話の香りを感じさせるものですが、内容もズバリ!
 (以下すべて、RDGさんに許可をいただき、RDG公式ブログから引用させていただきました。丁寧な対応感謝いたします)



 これは作中解くことになるパズルの完成図なのですが、『邪神』のワードとともに『愛田蔵人』の名前が。
 もちろんこれは、ラヴクラフトが元ネタ!


 けっ、これだけかよ──と、思ってはいけません。
 ブログの解説を読んでいると、様々なところにクトゥルー神話ネタが散りばめれておりました。

 今回は「やってはいけないことをやらないように気をつけながら、少女を正気に戻す方法を探し」てもらうのがゲームの方法です。

 恐怖値は、おそらくクトゥルフ神話TRPGSAN値からインスパイアを受けたもの。
 この公演の核となるシステムだったようです。

 つまり登場人物表の男性の年齢順に、数字の内容をやっていくと…

「全員が2人組で中腰で肩を組みながら「ふんぐるい むぐるうなふ」と叫べ」

 となります。

 リアルゲーム系イベントですから、実際に「ふんぐるい むぐるうなふ」と叫ぶことで次にステップに行けるようになります。
 なんというか、作った人の意地悪さと、このイベント時のニヤニヤが見えてくるようです……。

最初のころは「なんだよ!ふんぐる…は!?おぼえらんねーよ!!!!」と言っていた皆様が
すんなりふんぐるい出来るようになっていく様子は、胸にくるものがありました。

 ああ……、クトゥルーのクの字も知らないプレイヤーに唱えさせる主催が楽しそうだ……。



 またしても登場するジグソーパズル。
 こちらには、もろクトゥルー神話の神々の名前が!


 以上紹介してきた以外にも、最終触手少女のカテゴリから神話ネタが発見できます。(ただし、クトゥルー神話ネタが発見できるのはあくまで『最終触手少女』だけです。ご注意ください)


 しかし、まさかリアル系イベントにもクトゥルー神話邪神の触手が伸びているとは……。
 RDGさんだけではなく他の色々な団体も、クトゥルー神話ネタの公演をやって欲しいですね!(ネタ的に難しいかもしれませんが……)


 その時にはぜひ当ブログにご連絡ください。
 記事にして紹介させていただきますので、なんなりとどうぞ!