映画『ダゴン』のクトゥルフ神話要素

DAGON [DVD]

 

 最近クトゥルフ神話映画を見直しているわけですが、その中でもおすすめなのが、こちらの「DAGON」。

 「インスマスを覆う影」をベースに、きちんとしたホラーに仕上げている作品です。

 

 

 

f:id:servitors:20170922162257j:plain

 

 舞台は「インボッカ」という港町。

 モチーフは「インスマスを覆う影」なので、深きものになりかけている登場人物が登場します。

 

f:id:servitors:20170922162346j:plain

 

 街で出会った人の手をよく見ると水かきが……。

 

 

f:id:servitors:20170922162321j:plain

 

 酔っぱらいを装ったおじいさんが登場。もちろん、『インスマスを覆う影』におけるザドックお爺さん役。

 

 

f:id:servitors:20170922162454j:plain

 

 寂れた港町のある船長が神と契約して……というところも「インスマスを覆う影」に合わせています。

 

 その他、いろいろ映るあれこれにインスマスを覆う影からの影響が。

 

 

f:id:servitors:20170922162716j:plain

f:id:servitors:20170922162731j:plain

f:id:servitors:20170922162803j:plain

f:id:servitors:20170922162817j:plain

 

 

 クトゥルフ関連映画の中ではしっかりしているものの一つ。

 ジャンルはホラーなので苦手な人には無理かもですが、気になる方は! 

 

 

  DAGON

DAGON [DVD]

DAGON [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2002/10/17
  • メディア: DVD
 

 

2017年09月のクトゥルー神話新作情報

クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版

 

 

 2017年09月のクトゥルフ神話新作情報 

 

 ・2017 09/07 【コミック】 必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 : クトゥルフの呼び声が収録されるもよう。

 ・2017 09/08 【コミック】 異種族レビュアーズ : 異世界の風俗レポートというキワモノ漫画。ダゴンというワードが登場。

 ・2017 09/14 【TRPG】 TtTマガジン第4号 : 『T&T ラヴクラフト・バリアント』の翻訳記事が掲載されるもよう。

 ・2017 09/20 【コミック】 妖神グルメ : 日本クトゥルー神話史に燦然と輝く奇作がコミック化! 作者は黒瀬仁さん。これから創土社さんからクトゥルー・ミュトス・コミックシリーズとして、和製クトゥルフ作品が次々コミック化されていくようなので超期待です!

 ・2017 09/23 【ボードゲーム】 クトゥルフウォーズ : ボードゲーム好き、クトゥルフ神話好きが待ち焦がれていた重量級クトゥルフ神話大戦ゲームが完全日本語化! 緻密かつ巨大なフィギュアがたくさん手に入るだけでも価値あり! お高いけど。

 ・2017 09/29 【DVD】 ダンウィッチの怪 : 1970年放映。公式の商品詳細に「しかし原作とは大きく異なる展開に、ラヴクラフト・ファンを悩ませた。」とあるように、原作そのままを求めて買うと違うとなるかも。2017年08月開催のカナザワ映画祭コズミックホラー特集でも上映された。(検索すると、好評、不評、両方の意見がそれぞれ見つかる感じ)

 ・2017 09/30 【TRPG】 クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ・コデックス : クトゥルフ神話TRPGの新サプリメント。平安クトゥルフ、ホラーショウ、旧石器時代とバリエーション豊か。

 ・2017 09/30 【コミック】 ゆるるいえ! : るるいえはいすくーるの面々がTRPGで遊ぶというTPRGを題材にしたゆる系4コマ漫画。

 

 

 ・20?? ??/?? 【TRPG】 ダンジョンズ&ドラゴンズ第五版 : TRPGの原点。五版にてクトゥルフの名前があるもよう。

 

 

妖神グルメ (クトゥルー・ミュトス・コミック)

 

  

  イベント関連

 ・2017 10/08 【福岡】 クトゥルフ博物館

 ・2017 11/03 【大阪】 クトゥルー系創作イベント : 詳細は不詳。ツイートはこちら

 ・2017 11/26 【??】 ドレスコードパーティ : テーマはクトゥルフと帝国のもよう。ツイートはこちら 

 

  ゲーム・小説・漫画・映像・舞台・その他関連情報

 ・【小説】 クウォトアンの生贄(上、下) : クトゥルフ神話パロディならびにラヴクラフトのワードが登場するもよう。

 ・【TCG】 WIXOSS : コード・アンチ・ソトホート、コード・アンチ・ダゴンのカードが登場。

 ・【漫画】 魔法使いの嫁 : 第39話に「カルナマゴスの遺言」のワード。

 ・【海外ドラマ】 ライブラリアンズ 第2シーズン : 第四話「And the Cost of Education」にクトゥルフ神話ネタが登場するもよう。

 ・【舞台】 舞台ハコオンナ : クトゥルフ神話ネタがあったもよう。

 ・【漫画】 悪の素質 : 海野なまこさんのイゴローナク漫画が恐ろし屋に掲載。該当ページはこちら

 ・【アプリ】 アイドルマスターシンデレラガールズ : 「ル・リエーの呼び声」というユニットが登場。

 ・【アプリ】 漂流少女 : キュートルルーという猫クトゥルフなキャラがいるもよう。

 ・【大人向けゲーム】 仄暗き時の果てより : クトゥルフ神話ネタがあるもよう。

 ・【飲料】 ダンウイッチ・オブ・ザ・デッド : TRPGフェスに登場した今年のクトゥルフビール。画像はこちら

 ・【アニメ】 セントールの悩み : 第8話に多言様が登場。

 ・【アニメ】 僕のヒーローアカデミア : 第32話にインスマスなるタコ面のヴィランが登場。

 

 

ウルトラマンティガにおけるクトゥルフ神話要素、邪神ガタノゾーアと超古代尖兵怪獣ゾイガー

ウルトラマンティガ Complete Blu-ray BOX

 

 8月30日はウルトラマンティガ最終回放送記念日だそうです。

 たまたまウルトラマンティガのクトゥルフ神話回(第50話、51話、52話)をレンタルで借りていたので、記事にしてみます。(ちなみにDVDでは、最終となる13巻にまとめて収録されています)

 

 

 クトゥルフ神話とウルトラマンについては、「クトゥルフ神話とウルトラマンが出会った交差点」を御覧ください。(本記事はティガ専用)

 

  関連記事:クトゥルフ神話とウルトラマンが出会った交差点

 

 超古代尖兵怪獣ゾイガー

f:id:servitors:20170828214033j:plain

 

 ウルトラマンティガ第50話に、ゾイガーという敵が登場します。

 

 この怪獣の元ネタがクトゥルフ神話のロイガーと言われています。(ツァール&ロイガーとして語られるロイガーではなく、コリン・ウィルソン『ロイガーの復活』で扱われるガタノゾーアに関係あるロイガー族から名前を取ったと思われます。クトゥルフ神話TRPGの分類では、ロイガーとロイガー族は別物とされています)

 シーズン最後(51話、52話)の敵が「邪神ガタノゾーア」であるため、それに関連付けて採用されたと思われます。

 

 

 邪神ガタノゾーア

f:id:servitors:20170828214037j:plain 

 

 ウルトラマンティガの最終の敵がルルイエ浮上に伴って現れた邪神ガタノゾーアです。

 見た目にデカく、超強い!

 数々の怪獣を葬り去ってきたティガの必殺技がまったく通じないのです。

 

  

f:id:servitors:20170828214043j:plain

 

 タイマーが鳴り、力がなくなりかけてきたところに、ガタノゾーアのレーザーを食らってウルトラマンティガは敗北。(上記スクリーンショット)

 

 この時、ティガは石になります。 

 

f:id:servitors:20170828214047j:plain

 

 「クトゥルフ神話のガタノソア」を知る人がこの部分を見れば、「ひと目見たものを石化する」という能力に重ねてきたのだな、と思うかもしれません。

 実は私もティガ本編を視聴する前はそう思っていました。ところが、ティガ本編を最初から見ると、少し違うかもしれないのです。

 

 ティガは、最初、ピラミッドの中に眠る巨大な石像でした。

 つまり、ガタノゾーアに石化能力があろうがなかろうが、パワーがゼロになるとティガは石になるのです。(後述の映画「ウルトラマンティガ The Final Odyssey」では、悪のウルトラマンたちが石像の状態で発見されます)

 

 ティガ本編を見るだけならは、ガタノゾーアが石化能力を持っているとの説明はないため、ガタノゾーアの強力な攻撃のおかげで光のエネルギーが空になり、「結果として石像に戻った」ように思えます。

 

 ところが……。

 後発の「大怪獣バトル」では、ガタノゾーアのレーザー攻撃には「石化光線」というネーミングが採用されています。これだと石化能力があるように思えます。

 一方、「ウルトラマン Fighting Evolution 3」では「貫通レーザー」という名前になっており、石化能力には触れられていません。

 石化光線なのか、それとも石化能力はないレーザーなのか、円谷監修のゲームでもわかれています。実際、どうなのかは不明……。

 

 とは言え、「石像の巨人」が光のエネルギーを得て復活したウルトラマンという設定であったが故に、「石化能力」を持っているクトゥルフ神話のガタノソアが最後のボスとしてのモチーフに選ばれた、と推測しています。

 

 

 萌えキャラ化したガタノゾーア

  

 ◯ ガタノゾーア | ウルトラ怪獣擬人化計画

  

  

 このガタノゾーア、ウルトラマン怪獣の中でも人気が高いキャラクターです。

 ウルトラ怪獣擬人化計画でも最初の方にデザイン化され、漫画版の『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシーデイズ』では、10話、11話などに登場します。

 

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ3 (電撃コミックスEX)

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ3 (電撃コミックスEX)

  • 作者: 爆天童,円谷プロダクション
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: コミック
 
ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ (2) (電撃コミックスEX)

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ (2) (電撃コミックスEX)

  • 作者: 爆天童,円谷プロダクション
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: コミック
 

  

 

 『ウルトラマンティガ The Final Odyssey』に登場するクトゥルフ神話要素

 

f:id:servitors:20170828214050j:plain

 

 『ウルトラマンティガ The Final Odyssey』のメイン舞台はルルイエ。

 ウルトラマンティガの最終話後の話として作られています。

 

f:id:servitors:20170828214055j:plain

 

 ルルイエはクトゥルフ神話におけるそれと同じく、巨大な石柱都市というデザインで表現されています。

  

 

f:id:servitors:20170828214058j:plain

  

 そこには邪神ならぬウルトラマンが石像と化しているのが見つかります。

 

 ティガにおけるルルイエは、巨人(ウルトラマンたち)が住んでいた古代文明都市なのです。

 

f:id:servitors:20170828214104j:plain

 

 で、この劇場版では、邪神復活ならぬ、悪のウルトラマンが目覚めて……という展開になるのですが、以降はクトゥルフ神話無関係なので割愛。 

 

 あ、いえ……。

 

f:id:servitors:20170828214029j:plain

  

 ラスボスが、邪神ガタノゾーアの怨念と悪のウルトラマンが合体した「デモンゾーア」という設定のようなので、そのスクリーンショットを最後に。

 (あえてクトゥルフ神話に絡めて語るなら、『邪神伝説シリーズ』に登場するシュブ=ニグラス最終形態にデザインが似てます)

  

  ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSY

劇場版 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY [DVD]

劇場版 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: DVD
 

 

アニメ異世界食堂第七話に登場する万色の混沌が外なる神っぽい件について

f:id:servitors:20170821230708j:plain

 

 アニメ異世界食堂第七話に登場する万色の混沌のデザインが、どう見てもヨグ=ソトース……と言うか、外なる神の合成という感じでした。

 

f:id:servitors:20170821230654j:plain

 

 虹色の球体 : ヨグ=ソトース。

 歯多き口、外観 : wikipediaのシュブ=ニグラス

 触手の先 : ニャル様

 外観全体 : wikipediaのアザトース

 

f:id:servitors:20170821230704j:plain

 

 どれか一つがモチーフとして使われているのではなく、主要な外なる神のデザインだけが合成されているだけあり、デザイナーさんはクトゥルフ神話の神格たちを意識して万色の混沌のイラストを描いたと思われます。

 

 

   target="_blank"異世界食堂(GYAO)

 

 ちなみに、チキンカレー回です。

 

f:id:servitors:20170821230720j:plain

 

死霊のはらわたシリーズに登場するネクロノミコン

f:id:servitors:20170817221539j:plain

 

 「死霊のはらわた」シリーズにネクロノミコンが登場します。

 有名な人の顔の皮を使ったような特徴あるデザイン。

 

 といっても、ネクロノミコンと呼ばれるは「死霊のはらわた2」からで、「1」のときはナチュラン・デ・モントという名前で呼ばれています。

 

 「2」での説明は以下の通り。【hulu字幕】

 "邪悪なるものに書かれたというネクロノミカン エクス・モルテス その意味は「死の書」 その本は邪悪な世界へと通じる通路であった それが書かれたはるか昔 海は血に赤く染まっていた その赤い血で本は書かれた 紀元1300年 その本は消えてしまった"

 

 「3」での説明は以下の通り。【hulu字幕】

 "本の名前はネクロノミコン 「死者の書」だ 表紙は人肉で 血がインクだ 悪魔の復活のことなどが書かれていた まさに死者のための書だ"(※注:「2」の字幕はネクロノミン エクス・モルテス、「3」の字幕はネクロノミンです。「カ」と「コ」が違うので翻訳者が変わったのかもしれません)

 

 シリーズ各話での呼び名をまとめると、次のようになります。

 

 ・死霊のはらわた : ナチュラル・デ・モント【netflix字幕】

 ・死霊のはらわた2 : ネクロノミカン エクス・モルテス(あるいはナトラム・デ・モント)【hulu字幕】

 ・死霊のはらわた3 : ネクロノミコン【hulu字幕】(ただし、発音では「2」と同じく、Necronomikon Ex-Mortisと言っている)

 ・死霊のはらわたリターンズ(TVドラマ版) : ネクロノミコン エクス・モーティス【hulu吹き替え】

 

 

    

 死霊のはらわた2における「死の書」と「死霊」の設定

 

  「死の書」について

 ・人の顔の皮のような装丁。 

 ・「死の書」がある状態で呪文を唱えると死霊が蘇り、人間に取り憑く。(「死霊のはらわた」の「1」と「2」では、テープレコーダーを再生したおかげで吹き込んだ音声が流れ、「呪文を唱える」のと同じ現象が起きてしまった) 

 ・書かれている文章を引用する"この最初の呪文は邪悪な闇の死霊を呼び寄せるもの" → 「カンダ… エストラタ… アマントス… イアグレッツ… ガット… ノスフェラトス… カンダ… アマントス… カンダ…」(hulu字幕)

 ・"2つ目の呪文は時間と空間に裂け目を作り、現れた邪悪な死霊をその裂け目に追い返す" → 「ノスフェラトス カラミンナン カンダ(から始まる長い呪文)」(hulu字幕)

 ・その呪文を唱えた主人公は死霊と一緒に裂け目に飲み込まれ、700年前の世界に行くことになる。

 

  「死霊のはらわた3」における死者の書について

 ・元の時代に帰る方法が書かれている。

 ・死霊の軍も手に入れようとしている。

 ・口の部分で噛む。

 ・パタパタと蝶のように空を飛ぶ。

 

  「死霊」が人間に取り憑いた場合について

 ・取り憑かれた人間はゾンビみたいな不気味な顔つきになる。

 ・話すことができる。

 ・取り憑かれても力は普通。(怪力になるわけではない)

 ・首が後ろに曲がったり、首を蛇のように伸ばして動かしたりと、普通の人間の動きとは違うことができる。

 ・空中に浮くこともできる。

 ・取り憑かれたものの体をバラバラにすると退治できる。(「死霊のはらわた」シリーズのメイン武器はチェーンソー)

 ・念動力があるらしく、部屋に飾られているものなどを動かしてくる。

 ・取り憑いた人間の記憶を持っているらしく、穏やかな言葉や、悲しそうな態度を演じて人間を騙そうとするときもある。

 ・幻覚を見せる能力を持っている可能性がある。(単に主人公が狂い始めていただけで、死霊の力とは無関係な可能性もある)

 ・取り憑かれた人間を殺し、埋葬しても復活する。その「取り憑かれた死者」の血は緑色。(取り憑かれたものが生きている場合、その血は赤色)

 ・取り憑かれた人間に感情を強く思い起こさせるものを見せれば、自我を取り戻す場合がある。(2の主人公アッシュは、恋人に送ったペンダントを見て自我を取り戻した)

 ・翼を持った悪魔のような形になることもできる。(次元の裂け目を通った後の姿なので、これが死霊本来の姿なのかもしれない)

 ・呪文を唱えれば、死霊を次元の裂け目に追い返すことだできる。 

 

  「死霊」が木に取り憑いた場合について

 ・木の幹が人の顔のようになる。

 ・巨大な手のようなものもあることから、人の形を模している可能性が高い。

 ・木の枝を蔦のように人に伸ばし、捕らえる。

 ・家の扉の前まで来ていたことから、移動能力がある。

 ・切ると青い血を流す。

 

f:id:servitors:20170817221528j:plain

 

 死霊のはらわた2の感想

 

 ホラー映画として知られていますが、本格ホラーというよりも、そういった怖い定番シチュエーションを使って「笑わせてくる」作品です。

 エンタメ気味なので、気のしれた仲間と一緒に見ると楽しそうです。

 

 例えば血が出るシーンでは、「そりゃ出すぎだろ」とツッコめるくらい噴出します。

 主人公アッシュの右手が死霊に取り憑かれてからは、素晴らしい怪演が続きます。

 そして、切り離された右手かわいい。本当かわいい。

 あと、アッシュの最終武器が最高! 

  

f:id:servitors:20170817221524j:plain

 

 この「死霊のはらわた」版ネクロノミコンですが、「2」の映画の限定版にこのデザインの何かが付いているようです。(パッケージがこれなのか、ノートなのか、未入手なので不明……。興味ある方は調べてみてください)

 

 Evil Dead 2 Limited Edition (アメリカアマゾン)

f:id:servitors:20170817193208j:plain

僕のヒーローアカデミアに登場したインスマスなるクトゥルフ神話ネタ【ヒロアカ第32話、それぞれの職場体験、蛙水梅雨】

f:id:servitors:20170813145312j:plain

 

 アニメ『僕のヒーローアカデミア』第32話、「それぞれの職場体験」にクトゥルフ神話ネタが登場したので紹介します。

 

 アニメオリジナルで、蛙水梅雨ちゃん回。

 ヒロアカ登場時から、深きものっぽいなー、デザインいいなーと思って注目していたキャラなのですが、まさかクトゥルフ神話ネタが登場する回のメインになるとは思いませんでした。

 

 そんな梅雨ちゃんが、海上の仕事をしているヒーローを手伝って密航船を追いかける話。

 

 ヒロアカは放送から一週間、公式配信にて無料で観ることができます。

 

  僕のヒーローアカデミア|ytv MyDo!|読売テレビ公式無料動画

 

 

f:id:servitors:20170813145303j:plain

 

 登場するクトゥルフ神話ネタは今回のヴィラン。

 インスマスという名前を与えられています。

 タコがモチーフらしく、赤膚に吸盤触手に複腕持ち。

 

 

f:id:servitors:20170813145319j:plain

f:id:servitors:20170813145322j:plain

 

 しかも触手は伸ばせるようで、攻撃や捕獲に使われています。

 

 

f:id:servitors:20170813145259j:plain

 

 普通の深きものっぽいデザインのキャラも登場します。

 メインを張る蛙水梅雨ちゃんもそうなのですが、この話用のオリジナルキャラ、ヒーローのシリウスも半魚人っぽいデザインになっています。

 

 個性はグッドイヤーで、人間には聞こえない高周波を聞き取ることができます。

 この魚のエラっぽい耳は通信機。取り外しができます。

  

 

f:id:servitors:20170813145316j:plain

 

 何にせよ、梅雨ちゃんかわいい。

 

 

 

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ』シリーズと白石晃士監督とクトゥルフ神話あれこれ

f:id:servitors:20170810001941j:plain

 

 コワすぎシリーズの一部の巻がアマゾンですごく安くなっていて、900円台だったのでそのまま直ぐにポチっちゃいました。

 

  戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説 [DVD]

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2013/02/02
  • メディア: DVD
 

  

  

 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ』のインタビューにて、クトゥルー神話にまつわる発言が述べられている箇所があるので、改めて紹介します。

 

 登場するのは3巻と4巻のインタビュー。

 以下、該当する所を抜き出してみました。

 

 最初は、3巻インタビューの9分50秒くらいに登場します。

 

 「ま、幽霊ものなんだけども、ようするにその、この作品の根底にある、ま、クトゥルー神話的なものといいますか、太古の昔はね、あのぉ、邪悪なものが、実はこの世を支配していて、それが何かのきっかけで、えー、まあこの世から撤退してしまって、今のこの世界があるんだけれども、えー……、その、違う異世界からその邪悪な存在たちが、えー、ふたたびね……、こっち側の世界を支配してやろうと、虎視眈々と狙っていると……、そのチャンスを狙っているっていうような、まあ、その世界観がクトゥルー神話ですけれども、……まあ、なんかね、……あのぉー……、この私達が生きているこの世界とは違う異世界が存在するっていうのは、まあ、あのぉ……、面白いなあっていう風にやっぱ思うんで、そこには浪漫があるなって思いますんで……、それがなんかね……、あのぉ……、んー……まあ、好きなんですよね」

 

 次は、3巻インタビューの12分10秒くらいから。

  

 「で、えー、ファイルスリー、フォー、ま、なんとなく、決まっているわけではないんですけど、こう……なんとなくイメージしているのが、まあ、ワン、ツーがそうであったように……、えー、ま、奇数……、奇数ファイルですね、奇数のファイル、ファイル1は、ま、わりとそのスタンダードなつくりで、でツーはその……そういうクトゥルー神話的な、異世界の広がりが見える……そういうような作品になっていると……。で……、スリー、フォーはなんとなく、これもう本当決まりごとではないんですけれど、なんとなくそういう風にしようという思いがあって……、えー……、でスリーは……ある程度、定型に則った、けれども、ま、クライマックスはさらにちょっととんでもないことが起きるような、えー、ある種のまあ定型に則ったスタイルで魅せる、殺すと。で、フォーの方はですね、ま、これはまたご覧になってからという感じなんですけども、フォーの方はさらに異世界の存在というのを、えー、ま、さらに感じさせるような内容……としての、フォーと……、いう、ような感じに……、僕の中ですごく、あの、ぼんやりとではあるんですけど、ま、区分けしているところがあるんです」

  

f:id:servitors:20170810001928j:plain

  

 続いて4巻インタビューの11分33秒くらいから。

 

 「ま、ほんとにね、思うのは4までこう作ってきたんですが、ま、本当にすごい低予算だからできていることではあるんですけれども、ちょっと奇跡的な、シリーズになっているんじゃないかと思うんですよね。で、えー……、5、6の、えー、ファイル5、ファイル6も、ね、えー、ちょっ、作る予定にはなってますで。やっぱり、その、シリーズを重ねていくごとに、その……クトゥルー神話的な世界が、えー、より、その、見えてくる。で、えー、すべての話が、どこかでつながっていて、そして……、ま、とくに──(以下ストーリーの具体的な話になるのでネタバレを危惧して省略)」

   

 そして、4巻インタビューの13分13秒から。

 

 「ファイル5、ファイル6を通じて、ある程度その謎が、えー、わかっていくような、ま、解決編的な側面を、えー、持ち合わせたものにしようと思っています。何か一つの、大きな出来事がおころうとしているんだと、いうこと……、そのクトゥルー神話的な感覚と、ま、工藤の、その……過去の物語の、ま、結末……とまではいかないでしょうけども、ある種の……、ある一つの帰結を、おー……6まででちょっと、決めたいなという風に思っていますね」

  

 このように、クトゥルー神話というワードが何度か登場します。

 ただし、コワすぎシリーズがクトゥルフ神話ものであるとは言われてません。

 あくまで、クトゥルー神話「的」な広がりや感覚を表現しようとしている、という感じです。

 

 

 その上で、コワすぎシリーズ本編から、あえてクトゥルフ神話要素を見出すとなると、いくつかそれらしいものが見つかります。

 今回入手した3巻、4巻から抜き出してみます。

 

 

f:id:servitors:20170810001944j:plain

f:id:servitors:20170810001949j:plain

 

 FILE-03 『人喰い河童伝説』では、河童との対決時に利用したのが五芒星でした。

 日本のオカルトなので安倍晴明の桔梗紋(清明桔梗)由来の五芒星だと思われるのですが、クトゥルー神話ものとみるなら、同じく五芒星である旧神の印こと「エルダーサイン」に意識している可能性があります。

 

 

f:id:servitors:20170810003250j:plain 

 

 シナリオそのものにもクトゥルフ神話の定番展開を思わせる部分があります。

 (異形の事件に携わっていたら、携わっていたものが向こうの世界に取り込まれて……という感じに)

 

 

f:id:servitors:20170810001931j:plain

 

 FILE-04『真相! トイレの花子さん』に登場するクリーチャーも、クトゥルフ神話からインスパイアを受けた可能性があります。

 うじゃうじゃ触手持ちですし。異世界ですし。

 (触手や異世界が出ただけで、その作品にクトゥルー神話っぽさを見出す風潮はどうかと思うのですが、「コワすぎ」の場合はインタビューでも言及されてますし、あえてクトゥルー的なものを探したら……という感じなのでご了承ください)

 

  戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相! トイレの花子さん

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん [DVD]

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2013/03/02
  • メディア: DVD
 

 

 追記。

 劇場版序章、劇場版、最終章を見ると、更にネタがありました。

 

f:id:servitors:20170828213241j:plain

 

 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 劇場版序章 真説・四谷怪談 お岩の呪い』では「古の神」というワードが、「古の神だよ。俺たち人間にはな、とても太刀打ちできるような存在じゃない」や「古の神々がこの世に舞い降りようとしてるのか」や「古の神々が現代に現れる入り口となるだろう」というセリフで登場します。

 

f:id:servitors:20170828213309j:plain

 

 また、「史上最強の劇場版」のインタビュー「コワすぎ通信vol.04」でも、クトゥルー神話のワードが登場します。01分46秒くらいから。

 

 「私はその……、あんまり、ま、人間の幽霊を、まあ、描くってのはそんなにおもしろいとは思ってなくて、よりその……イマジネーションが豊かなこと……、ま、あの……もっと派手なこととか、もっと異常なこととか、もっと、見た目が派手なものですよね、ま、そういう……ものを……あの……表現の中に入れたいなっていうことがあって。

 ま、私が好きなクトゥルー神話の世界ですね……クトゥルー神話、H・P・ラヴクラフト……が、まあ、始めたクトゥルー神話的な、まあ、世界というのいうのを、ちょっとモチーフに……裏モチーフにしながら、ま、進めていきたいな……と。

 まあまあ、諸星大二郎さんってことですね。諸星大二郎さんの……漫画家の、諸星大二郎さんという方がいるんですけれども、えー、まあ、諸星さんの影響が僕はすごく強いので……えー、諸星さん的な世界ともいえると思うんですけれども」

  

  次に、23分38秒から。

 

 「で、後は、ま、後は大嘘を作ってことですよね。えー、大嘘を付くために……旧日本軍がどうのこうのとかですね、……ま、クトゥルー神話的なあの側面に関してもそうなんですけれども、ま、そういうものが、物語に関わっていて(ネタバレになるので攻略)」

 

 

 以下は、『コワすぎ』シリーズ以外の白石晃士監督作品のクトゥルフ神話ネタを簡単に。(といっても、『コワすぎ」シリーズと部分的につながっている作品もあります)

 

f:id:servitors:20170828213417j:plain

f:id:servitors:20170828213533j:plain

 

 『オカルト』には「九頭呂岩(くとろいわ)」というクトゥルーと語感を合わせていると思われる岩や、それっぽいものが登場します。

 

f:id:servitors:20170828213549j:plain

 

 触手うねうねは白石監督の定番ネタなのですが、『オカルト』でも異世界と繋がった状態で現れることがおおいです。

 

 

f:id:servitors:20170822021504j:plain

 

 また、『ある優しき殺人者の記録』には、同じくそれっぽい存在が登場します。(それっぽいだけで、神話要素かどうかは微妙です)

 

f:id:servitors:20170828213748j:plain

 

 『カルト』はクトゥルー神話との触れ込みでリリースされています。

 ただし、神話要素が明確に登場するかは微妙なところです。(明確なワードとしては登場しません)

 向こう側の世界から触手がうねうね出てくるシーンと、憑かれた人間の首から上が触手みたいになってニャル様みたいに見えるシーンなどがあります。

 

 

 なお、白石晃士監督の作品には、人間の住む世界とは別の向こう側の世界があり、そちらからの影響がホラー現象として認知されるという共通点があります。