2017年11月のクトゥルー神話新作情報

 2017年11月のクトゥルフ神話情報

 

 ・2017 11/15 【小説】 クトゥルーの呼び声 : 入門用にと集められた海にまつわるクトゥルー神話作品群の新訳。

 ・2017 11/25 【書籍】 H・P・ラヴクラフト 世界と人生に抗って

 ・2017 11/30 【TRPG】 ダンジョンズ&ドラゴンズ第五版 : TRPGの原点。流れてくる情報ではクトゥルフの名前があるもよう。

 

 ・2017 12/07 【小説】 クトゥルー神話短編集 銀の弾丸 : クトゥルーミュトスファイルズの最新刊は、山田正紀の「銀の弾丸」が収録されている短編集。

 ・2017 12/11 【コミック】 狂気の山脈にて4 

 ・2017 12/?? 【TRPG】 ゲームマスタリーマガジン Vol.2 : 付録に槻城ゆう子さんのクトゥルフ神話絵のカレンダーがつくもよう。

 

ダンジョンズ&ドラゴンズ スターター・セット第5版

 

 

  イベント関連

 ・2017 11/03 【大阪】 クトゥルー復活祭 : 詳細並びにディーラー募集はこちら

 ・2017 11/05 【佐賀】 暗闇森の魔女の小屋 : LARPイベント。

 ・2017 11/26 【??】 ドレスコードパーティ : テーマはクトゥルフと帝国のもよう。ツイートはこちら

 

  ゲーム・小説・TRPG関連

 ・コメントで教えていただきました。カードゲームの遊戯王に「ティンダングル」という「カテゴリ」が追加されました。ティンダロスとアングル(角度)からの造語だと思われます。

 ・2017 10/28 【TRPG】 ヤンキー&ヨグ=ソトース サプリメント マイルドヤンキー&ミ=ゴ 

 ・2017 09/13 【書籍】 蔵の中の鬼女 : コメントで教えていただきました。友成純一さんの短編集で、クトゥルフ神話関連作品である「邪神の呼び声」と「地の底の哄笑」が収録されています。

 ・アプリのアズールレーンでのサーバー名の一つに「ルルイエ」が使われています。ただし、アズールレーンそのものにクトゥルフ神話要素はありません。

 ・コメントで教えていただきました。アプリのモンむすハーレムに、ハストゥールクトゥグアニャルラトホテップが登場しました。

 

 

 

 

 

映画『ネクロノミカン』におけるクトゥルフ神話要素

f:id:servitors:20170829030303j:plain 

 

 ネクロノミカンはラヴクラフトの短編を連作映像化したオムニバスです。

 なんと、H・P・ラヴクラフトが総合的な主役として登場します!

 

f:id:servitors:20170829030354j:plain

f:id:servitors:20170829030347j:plain

 

 『ネクロノミカン』におけるハワード・フィリップス・ラヴクラフト。

 おなじくラヴクラフト作品の映像化である『死霊のしたたり』で、ハーバート・ウェスト役を演じたジェフリー・コムズさん。

  

f:id:servitors:20170829030351j:plain

f:id:servitors:20170829030344j:plain

  

 これが『ネクロノミカン』の「ネクロノミコン」。

 総合的な主人公であるハワード・フィリップス・ラヴクラフトが、この「ネクロノミコン」を読み、過去起きた事件について知る……という展開で作品が進みます。

 扱われている作品は──。

 

 ・『壁の中の鼠』

 ・『冷気』

 ・『闇に囁くもの』 

 

 忠実に原作を映像化したのではなく、原作の要素の一部を使ってホラーを作った……という感じです。

 原作に忠実な映像化を期待すると、がっかりする確率が高いと思います。

  

 

f:id:servitors:20170829030322j:plain

f:id:servitors:20170829030317j:plain

 

 海産物をずるずる引きずらせながら現れる深きものどもっぽい誰か。

 ある短編の主人公は、この深きものらしきものに渡されたネクロノミコンをつかって、死人を蘇らそうとします。

 

 " That is not dead which can eternal lie, 

   And with strange aeons even death may die. "

 

 という連句は、 

 "永遠の生命が存在する 霊体によって死さえ死ぬのだ"

 と訳されています。(DVD版)

 

 あとDVD版の訳で言えば、"Cthulhu"はわかりにくいと判断されたのか、「暗黒の神」と訳され、"Necronomicon"は「死者の書」と訳されています。(ネクロノミカンがタイトルなのに……)

 

 

f:id:servitors:20170829030333j:plain

 

 口からタコ触手を伸ばす女の人。

 元人間が異形化したもので、クトゥルーの落とし子とは無関係っぽいです。

 

 

f:id:servitors:20170829030307j:plain

 

 つるんと剥けた人の皮。

 

 

f:id:servitors:20170829030328j:plain

 

 復活の時に描かれた模様は円に五芒星。

 

 

f:id:servitors:20170829030310j:plain

 

 異世界の扉が開いた時のシーン。

 『コワすぎ』の異世界シーン表現とちょっと似てる。

 

  

f:id:servitors:20170829044527j:plain

 

 クトゥルフ神話ファンの見どころはなんといっても、ラヴクラフト御大直々による戦闘シーン。

 人の顎を引っ張ってちぎる豪腕に、武器はなんと仕込み杖!

 

 

 ネクロノミカン

ネクロノミカン [DVD]

ネクロノミカン [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2000/11/24
  • メディア: DVD
 

  

 

2017年10月のクトゥルー神話新作情報

 2017年10月のクトゥルフ神話新作情報 

狂気山脈 日本語版

 

 ・2017 10/20 【コミック】 クトゥルーを喚ぶ声 : クトゥルーミュトスコミックシリーズの第二弾。

 ・2017 10/26 【小説】 虚ろなる十月の夜に : クトゥルー神話関連ネタが登場するもよう。

 ・2017 10/31 【ボードゲーム】 狂気山脈 : 狂気山脈をモチーフにした多人数協力型のゲーム。

  

  

  イベント関連

 ・2017 10/08 【福岡】 クトゥルフ博物館

 ・2017 10/28 【東京】 クトゥルーライブ 秘密のオークション2:ただ一つの鍵を求めて : LARPイベント。

 ・2017 11/03 【大阪】 クトゥルー復活祭 : 詳細並びにディーラー募集はこちら

 

  ゲーム・小説・漫画・映像・舞台・その他関連情報

大東亜忍法帖【完全版】

 

 ・下巻が発売中止となっていた『大東亜忍法帖』が、上下巻あわせた完全版となってKindleにて発売中! ページはこちら

 ・コミックコンプに掲載された「ダライアス=サーガイア」にアル=アジフが。他の話や他のワードがあるかは不明。単行本化はされていないもよう。

 ・2017年10月20日に富士見書房から発売される電子書籍「デッドラインヒーローズ:シナリオブック ヴィランズ・ショーケース」の表紙に顔の中が宇宙になっていファラオの姿(無貌の神?)が。偶然重なったものか、クトゥルフ神話を意識したものかは不明。

 ・アプリ「アズールレーン」の第七サーバー名に「ルルイエ」。

 ・ジャンプ2017年44号に掲載された読み切り『魔法少年X』にて「ふんぐるい むぐるうなふ あなかしこ あなるるいえ」というワードが。ふんぐるいと古文を絡めるのはなかなかに素敵な使い方。

 ・ネットショップ「めめんと・もり」にクトゥルフさまや神話生物のぬいぐるみが。サイトはこちら

  

映画『ダゴン』のクトゥルフ神話要素

DAGON [DVD]

 

 最近クトゥルフ神話映画を見直しているわけですが、その中でもおすすめなのが、こちらの「DAGON」。

 「インスマスを覆う影」をベースに、きちんとしたホラーに仕上げている作品です。

 

 

 

f:id:servitors:20170922162257j:plain

 

 舞台は「インボッカ」という港町。

 モチーフは「インスマスを覆う影」なので、深きものになりかけている登場人物が登場します。

 

f:id:servitors:20170922162346j:plain

 

 街で出会った人の手をよく見ると水かきが……。

 

 

f:id:servitors:20170922162321j:plain

 

 酔っぱらいを装ったおじいさんが登場。もちろん、『インスマスを覆う影』におけるザドックお爺さん役。

 

 

f:id:servitors:20170922162454j:plain

 

 寂れた港町のある船長が神と契約して……というところも「インスマスを覆う影」に合わせています。

 

 その他、いろいろ映るあれこれにインスマスを覆う影からの影響が。

 

 

f:id:servitors:20170922162716j:plain

f:id:servitors:20170922162731j:plain

f:id:servitors:20170922162803j:plain

f:id:servitors:20170922162817j:plain

 

 

 クトゥルフ関連映画の中ではしっかりしているものの一つ。

 ジャンルはホラーなので苦手な人には無理かもですが、気になる方は! 

 

 

  DAGON

DAGON [DVD]

DAGON [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2002/10/17
  • メディア: DVD
 

 

2017年09月のクトゥルー神話新作情報

クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版

 

 

 2017年09月のクトゥルフ神話新作情報 

 

 ・2017 09/07 【コミック】 必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 : クトゥルフの呼び声が収録されるもよう。

 ・2017 09/08 【コミック】 異種族レビュアーズ : 異世界の風俗レポートというキワモノ漫画。ダゴンというワードが登場。

 ・2017 09/14 【TRPG】 TtTマガジン第4号 : 『T&T ラヴクラフト・バリアント』の翻訳記事が掲載されるもよう。

 ・2017 09/20 【コミック】 妖神グルメ : 日本クトゥルー神話史に燦然と輝く奇作がコミック化! 作者は黒瀬仁さん。これから創土社さんからクトゥルー・ミュトス・コミックシリーズとして、和製クトゥルフ作品が次々コミック化されていくようなので超期待です!

 ・2017 09/23 【ボードゲーム】 クトゥルフウォーズ : ボードゲーム好き、クトゥルフ神話好きが待ち焦がれていた重量級クトゥルフ神話大戦ゲームが完全日本語化! 緻密かつ巨大なフィギュアがたくさん手に入るだけでも価値あり! お高いけど。

 ・2017 09/29 【DVD】 ダンウィッチの怪 : 1970年放映。公式の商品詳細に「しかし原作とは大きく異なる展開に、ラヴクラフト・ファンを悩ませた。」とあるように、原作そのままを求めて買うと違うとなるかも。2017年08月開催のカナザワ映画祭コズミックホラー特集でも上映された。(検索すると、好評、不評、両方の意見がそれぞれ見つかる感じ)

 ・2017 09/30 【TRPG】 クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ・コデックス : クトゥルフ神話TRPGの新サプリメント。平安クトゥルフ、ホラーショウ、旧石器時代とバリエーション豊か。

 ・2017 09/30 【コミック】 ゆるるいえ! : るるいえはいすくーるの面々がTRPGで遊ぶというTPRGを題材にしたゆる系4コマ漫画。

 

 

妖神グルメ (クトゥルー・ミュトス・コミック)

 

  ゲーム・小説・漫画・映像・舞台・その他関連情報

 ・【小説】 クウォトアンの生贄(上、下) : クトゥルフ神話パロディならびにラヴクラフトのワードが登場するもよう。

 ・【TCG】 WIXOSS : コード・アンチ・ソトホート、コード・アンチ・ダゴンのカードが登場。

 ・【漫画】 魔法使いの嫁 : 第39話に「カルナマゴスの遺言」のワード。

 ・【海外ドラマ】 ライブラリアンズ 第2シーズン : 第四話「And the Cost of Education」にクトゥルフ神話ネタが登場するもよう。

 ・【舞台】 舞台ハコオンナ : クトゥルフ神話ネタがあったもよう。

 ・【漫画】 悪の素質 : 海野なまこさんのイゴローナク漫画が恐ろし屋に掲載。該当ページはこちら

 ・【アプリ】 アイドルマスターシンデレラガールズ : 「ル・リエーの呼び声」というユニットが登場。

 ・【アプリ】 漂流少女 : キュートルルーという猫クトゥルフなキャラがいるもよう。

 ・【大人向けゲーム】 仄暗き時の果てより : クトゥルフ神話ネタがあるもよう。

 ・【飲料】 ダンウイッチ・オブ・ザ・デッド : TRPGフェスに登場した今年のクトゥルフビール。画像はこちら

 ・【アニメ】 セントールの悩み : 第8話に多言様が登場。

 ・【アニメ】 僕のヒーローアカデミア : 第32話にインスマスなるタコ面のヴィランが登場。

 

 

ウルトラマンティガにおけるクトゥルフ神話要素、邪神ガタノゾーアと超古代尖兵怪獣ゾイガー

ウルトラマンティガ Complete Blu-ray BOX

 

 8月30日はウルトラマンティガ最終回放送記念日だそうです。

 たまたまウルトラマンティガのクトゥルフ神話回(第50話、51話、52話)をレンタルで借りていたので、記事にしてみます。(ちなみにDVDでは、最終となる13巻にまとめて収録されています)

 

 

 クトゥルフ神話とウルトラマンについては、「クトゥルフ神話とウルトラマンが出会った交差点」を御覧ください。(本記事はティガ専用)

 

  関連記事:クトゥルフ神話とウルトラマンが出会った交差点

 

 超古代尖兵怪獣ゾイガー

f:id:servitors:20170828214033j:plain

 

 ウルトラマンティガ第50話に、ゾイガーという敵が登場します。

 

 この怪獣の元ネタがクトゥルフ神話のロイガーと言われています。(ツァール&ロイガーとして語られるロイガーではなく、コリン・ウィルソン『ロイガーの復活』で扱われるガタノゾーアに関係あるロイガー族から名前を取ったと思われます。クトゥルフ神話TRPGの分類では、ロイガーとロイガー族は別物とされています)

 シーズン最後(51話、52話)の敵が「邪神ガタノゾーア」であるため、それに関連付けて採用されたと思われます。

 

 

 邪神ガタノゾーア

f:id:servitors:20170828214037j:plain 

 

 ウルトラマンティガの最終の敵がルルイエ浮上に伴って現れた邪神ガタノゾーアです。

 見た目にデカく、超強い!

 数々の怪獣を葬り去ってきたティガの必殺技がまったく通じないのです。

 

  

f:id:servitors:20170828214043j:plain

 

 タイマーが鳴り、力がなくなりかけてきたところに、ガタノゾーアのレーザーを食らってウルトラマンティガは敗北。(上記スクリーンショット)

 

 この時、ティガは石になります。 

 

f:id:servitors:20170828214047j:plain

 

 「クトゥルフ神話のガタノソア」を知る人がこの部分を見れば、「ひと目見たものを石化する」という能力に重ねてきたのだな、と思うかもしれません。

 実は私もティガ本編を視聴する前はそう思っていました。ところが、ティガ本編を最初から見ると、少し違うかもしれないのです。

 

 ティガは、最初、ピラミッドの中に眠る巨大な石像でした。

 つまり、ガタノゾーアに石化能力があろうがなかろうが、パワーがゼロになるとティガは石になるのです。(後述の映画「ウルトラマンティガ The Final Odyssey」では、悪のウルトラマンたちが石像の状態で発見されます)

 

 ティガ本編を見るだけならは、ガタノゾーアが石化能力を持っているとの説明はないため、ガタノゾーアの強力な攻撃のおかげで光のエネルギーが空になり、「結果として石像に戻った」ように思えます。

 

 ところが……。

 後発の「大怪獣バトル」では、ガタノゾーアのレーザー攻撃には「石化光線」というネーミングが採用されています。これだと石化能力があるように思えます。

 一方、「ウルトラマン Fighting Evolution 3」では「貫通レーザー」という名前になっており、石化能力には触れられていません。

 石化光線なのか、それとも石化能力はないレーザーなのか、円谷監修のゲームでもわかれています。実際、どうなのかは不明……。

 

 とは言え、「石像の巨人」が光のエネルギーを得て復活したウルトラマンという設定であったが故に、「石化能力」を持っているクトゥルフ神話のガタノソアが最後のボスとしてのモチーフに選ばれた、と推測しています。

 

 

 萌えキャラ化したガタノゾーア

  

 ◯ ガタノゾーア | ウルトラ怪獣擬人化計画

  

  

 このガタノゾーア、ウルトラマン怪獣の中でも人気が高いキャラクターです。

 ウルトラ怪獣擬人化計画でも最初の方にデザイン化され、漫画版の『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシーデイズ』では、10話、11話などに登場します。

 

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ3 (電撃コミックスEX)

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ3 (電撃コミックスEX)

  • 作者: 爆天童,円谷プロダクション
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: コミック
 
ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ (2) (電撃コミックスEX)

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ (2) (電撃コミックスEX)

  • 作者: 爆天童,円谷プロダクション
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: コミック
 

  

 

 『ウルトラマンティガ The Final Odyssey』に登場するクトゥルフ神話要素

 

f:id:servitors:20170828214050j:plain

 

 『ウルトラマンティガ The Final Odyssey』のメイン舞台はルルイエ。

 ウルトラマンティガの最終話後の話として作られています。

 

f:id:servitors:20170828214055j:plain

 

 ルルイエはクトゥルフ神話におけるそれと同じく、巨大な石柱都市というデザインで表現されています。

  

 

f:id:servitors:20170828214058j:plain

  

 そこには邪神ならぬウルトラマンが石像と化しているのが見つかります。

 

 ティガにおけるルルイエは、巨人(ウルトラマンたち)が住んでいた古代文明都市なのです。

 

f:id:servitors:20170828214104j:plain

 

 で、この劇場版では、邪神復活ならぬ、悪のウルトラマンが目覚めて……という展開になるのですが、以降はクトゥルフ神話無関係なので割愛。 

 

 あ、いえ……。

 

f:id:servitors:20170828214029j:plain

  

 ラスボスが、邪神ガタノゾーアの怨念と悪のウルトラマンが合体した「デモンゾーア」という設定のようなので、そのスクリーンショットを最後に。

 (あえてクトゥルフ神話に絡めて語るなら、『邪神伝説シリーズ』に登場するシュブ=ニグラス最終形態にデザインが似てます)

  

  ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSY

劇場版 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY [DVD]

劇場版 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: DVD
 

 

アニメ異世界食堂第七話に登場する万色の混沌が外なる神っぽい件について

f:id:servitors:20170821230708j:plain

 

 アニメ異世界食堂第七話に登場する万色の混沌のデザインが、どう見てもヨグ=ソトース……と言うか、外なる神の合成という感じでした。

 

f:id:servitors:20170821230654j:plain

 

 虹色の球体 : ヨグ=ソトース。

 歯多き口、外観 : wikipediaのシュブ=ニグラス

 触手の先 : ニャル様

 外観全体 : wikipediaのアザトース

 

f:id:servitors:20170821230704j:plain

 

 どれか一つがモチーフとして使われているのではなく、主要な外なる神のデザインだけが合成されているだけあり、デザイナーさんはクトゥルフ神話の神格たちを意識して万色の混沌のイラストを描いたと思われます。

 

 

   target="_blank"異世界食堂(GYAO)

 

 ちなみに、チキンカレー回です。

 

f:id:servitors:20170821230720j:plain