読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこに行っても魚人がいっぱい。(『Fishmen』)

◆ 目次

1.YoutubeインスマスPV
2.英語の歌詞と日本語訳
3.アーカム在住
4.全秒詳細解説を試みたもの
5.ニコニコ動画の『It's beginning to look a lot like fish-men』
6.HPLHS




◆ 1.YoutubeインスマスPV

 ニコニコ動画クトゥルカブームに巻き込まれている間、YouTubeにはこんなのが投稿されてました。(投稿日2009年02月13日)


 Fishmen
 


 ミュージカル仕立ての『インスマスを覆う影』PV!
 サムネのインパクトも絶大ですし、合った演技がすばらしすぎます。


 以下はアーカム在住の“高家あさひ”さんによる日本語訳です。
 先日、この動画について書きたいのですが……と打診したところ、意味を重視した訳と歌にあわせた訳の二つを翌日に返信してくれました。
 本当にありがとうございます!




◆ 2.英語の歌詞と日本語訳

【英語の意味を重視した訳】 訳:高家あさひ


It's beginning to look a lot like fish-men
Everywhere I go;
 行く先々で、魚人の気配を感じるようになってきた。


From the minute I got to town
And started to look around
I thought these ill-bred people's gill slits showed.
 到着して、町の中を見てまわりはじめたときから、邪悪な血を引く住民たちの首筋から、魚の鰓のようなものが覗いているような気がしていたのだ。


I'm beginning to hear a lot of fish-men
Right outside my door,
As I try to escape in fright
To the moonlit Innsmouth night
I can hear some more.
 私の部屋のドアの外で、魚人たちの立てる物音がだんだん大きくなってくる。
 恐怖におののいて、月光輝くインスマスの夜に逃げ出した私は、さらに多くの魚人たちが町を闊歩している音を耳にした。


They speak with guttural croaks and to hear them provokes
A profound desire to flee
Their eyes never blink and quite frankly they stink
Like a carcass washed up from the sea.
 奴らは、しわがれたガラガラ声で話す。その声を聞くと、逃げなくては、という衝動が、心の底から湧きあがってくる。
 奴らの目はまばたきをしない。そのうえ奴らは、海から漂着した魚の死骸のような悪臭を放っている。


I wish I'd paid attention to that crazy drunken man.
He tried to warn me all about old Marsh's Deep One clan.
 あの、奇妙な酔っぱらいの男が語ったことを、真面目に聞いておけばよかった。彼は、マーシュ老人率いる深きもの教団の存在を、私に警告してくれようとしていたのだ。


It's beginning to look a lot like Fish-men
Everywhere I go;
They can dynamite Devil Reef,
But that'll bring no relief,
Y'ha N'thlei is deeper than they know.
 行く先々で、魚人の気配を感じる。
 デビル・リーフを爆破することはできる。けれども、それでは解決にならないだろう。ヤハ・ンスレイは、どこよりも深い場所にあるのだから。


I'll continue to see a lot of fish-men
That I guarantee.
For the fish-man I really fear is the one who's in the mirror
And he looks like me.
He looks just like me.
 そして、私は、これからも魚人の姿を見続けることになるだろう。それだけは、確信している。
 なぜならば、私が最も恐れる魚人は、鏡の中にいるからだ。
 その魚人は、私に似ている。とてもよく似ている。


 まさに『インスマスを覆う影』の内容そのもの!
 替え歌を作った“HPLHS”も、訳した高家あさひさんもグッジョブです!



【音に合わせた歌詞】 訳:高家あさひ


どこに行っても魚人がいっぱい。
 It's beginning to look a lot like fish-men
いっぱいだ。
 Everywhere I go;
町に着いた、
 From the minute I got to town
そのときからずっと、
 And started to look around
エラのある人ばかりに会う。
 I thought these ill-bred people's gill slits showed.


ドアの向こうに魚人がいっぱい。
 I'm beginning to hear a lot of fish-men
集まってる。
 Right outside my door,
夜のインスマスに、
 As I try to escape in fright
逃げ出したら、
 To the moonlit Innsmouth night
魚人であふれていた。
 I can hear some more.


奴らのガラガラ声は、
 They speak with guttural croaks and to hear them provokes
とても恐ろしい。
 A profound desire to flee
目は不気味だし、
 Their eyes never blink and quite frankly they stink
腐ったような臭いがする。
 Like a carcass washed up from the sea.


酔っぱらいの言ったことを聞いときゃよかった。
 I wish I'd paid attention to that crazy drunken man.
深きもの教団のこと警告してくれたのに。
 He tried to warn me all about old Marsh's Deep One clan.


どこに行っても魚人でいっぱい。
 It's beginning to look a lot like Fish-men
いっぱいだ。
 Everywhere I go;
デビル・リーフ爆破、
 They can dynamite Devil Reef,
しても助けにならない。
 But that'll bring no relief,
ヤハ・ンスレイは深い深い場所に。
 Y'ha N'thlei is deeper than they know.


僕はこれからも魚人をいっぱい、
 I'll continue to see a lot of fish-men
見るだろう。
 That I guarantee.
だって、いちばん怖い、魚人は鏡の中。
 For the fish-man I really fear is the one who's in the mirror
僕にそっくりだ。
 And he looks like me.
僕にそっくりなんだ。
 He looks just like me.


 もし歌ってみようと思う方や、“ミクトゥルフ”や“卑猥なる双子”や“クトゥルカ”に歌わせてみようと思う方は参考にしてみてください。(「歌詞の使用はご自由に」とのことですので、遠慮なく使ってください!)

 お礼はこちらに!→アーカム在住


2010/11/16
CoC : DCotEインスマウスへん えんでぃんぐ

 で使っていただきました。




◆ 3.アーカム在住

 “アーカム在住”はミスカトニック大学に通う大学生の日記です。


 ■ Innsmouth行ってきました
 ■ H.P. Lovecraftで学ぶひとこと英語 Lesson 3

 
 などなど、日本語しか分からない私には興味深い記事が沢山あります。
 日記は連作になっていて、続けて読めば物語になっているという大盤振る舞い。
 もちろんクトゥルフ神話ネタ満載です!


 [関連記事] アーカム在住(ミスカトニック大学留学日記):“黒従者の夢”の記事




◆ 4.全秒詳細解説を試みたもの

【序盤】
00分01秒〜00分04秒:魚の形をしたFISHMENのロゴ
00分05秒〜00分10秒:やってきたのはインスマス。そのフェデラルストリートを歩く主人公。(※1)(※2)
00分11秒〜00分14秒:同じくインスマスを歩く主人公。後ろには二人の男。
00分15秒〜00分18秒:一人の男と会い、驚く主人公。
00分19秒〜00分22秒:まばたきのしない男のアップ。のどには鰓が! 後ろの看板にはギルマンハウス。(※3)(※4)


 ※1 インスマス【Innsmouth】 クトゥルフ神話地名で最も有名なものの一つ。マサチューセッツ州マヌーゼット河の河口に位置する漁村。1800年前半の繁栄の後、廃れた。インスマウスとも。
 ※2 フェデラルストリート【Federal Street】 インスマスにある通り。
 ※3 ギルマンハウス【Gilman House】 同じくインスマスにある宿泊施設。おそらくgill-man(鰓男)からのモジリ。つまり“半漁人亭”。御大、ネーミングがそのまま過ぎます!(笑) なおPVで"The Gillman House"となってるのは、誤字ではなく、それを踏まえてのネタだと思います。本来は"L"が一つ。
 ※4 インスマス面【Innsmouth Look】 瞬きをしない目、首の両側の深い皺などの特徴を持つ容貌を指す。インスマスの住人にこの特徴が多い故に名付けられた。世界各地でも似たようなケースが報告されている。

【中盤】
00分22秒〜00分31秒:部屋に隠れている主人公。ドアの向こうではドアを斧で破る男と、それを見守る深きものどもが!(※5)
00分32秒〜00分35秒:通りを歩く主人公。
00分36秒〜00分47秒インスマス面3人と深きものども2匹。
00分48秒〜00分52秒:どうやらザドック爺さんらしいお人が。
00分53秒〜00分55秒:歌詞からしてこの異形さんは、オーベッド・マーシュだと思われます。


 ※5 深きもの【Deep Ones】 魚のような蛙のような深海に住む種族。クトゥルーダゴンを崇拝する。人間との混血が生まれた場合、二十歳を境にしてインスマス面になってゆき、最終的には深きものになって海に還っていくという。
 ※6 ザドック爺さん【Allen Zadok】 『インスマスを覆う影』で主人公に忠言する酔っぱらいオヤジ。よくネタにされる。
 ※7 オーベッド・マーシュ【Obed Marsh】 インスマスに深きものどもの血を持ち込んだ男。一時の繁栄をもたらすが、それは血の呪いとなって……。

【終盤】
00分56秒〜01分03秒:3人と2匹の間を通り抜けていく主人公。
01分04秒〜01分12秒:悪魔の岩礁の爆発の瞬間を見守る主人公。(※8)
01分13秒〜01分20秒:どうやら家に戻ってこれたらしい主人公。
01分21秒〜01分38秒:鏡の前の主人公。カメラが背後を通ると。


 ※8 悪魔の岩礁【Devil's Reef】 インスマス沖にある岩礁。ヤハ・ンスレイに住む深きものどもと交易の場に使われたらしい。1927年アメリカ軍により爆破される。(※9)
 ※9 ヤハ・ンスレイ【Y'ha N'thlei】 深きものどもが棲む海底都市。日本ではイハ・ンスレイ、イハ・ントレイ表記が多い。



◆ 5.ニコ動の『It's Beginning to Look Alot Like Fishmen』

D


 youtubeにあったMADをニコニコ動画に転載したものです。
 深きものどもの画像中心でまもなく10000再生!(2009年03月03日現在)




◆ 6.HPLHS


 HPLHS
 http://www.cthulhulives.org/toc.html


 『The H. P. Lovecraft Historical Society』の略称です。
 『The Carol of the Old Ones』などの替え歌もこの協会がやらかしたネタです。さすがは本場! と感心するしかありません。