読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャル子さんクトゥルフ神話ネタ全部解説 第8話


 今回はオリジナル回!
 元のクトゥルー神話も他作品への言及が多いジャンルなのですが、それを地でいくように、アニメからゲームからクトゥルーネタから採用しまくりでしたね。


 当ブログでは、せっかく読んでくださるのですから、ここでしか読めないクトゥルフネタ解説を心がけています。今まで貯めこんできたクトゥルー神話関連書籍がここまで役立つ日がくるとは!
 しかしそれらをサラリと仕込んでくるということは、ものすごい知識をお持ちのスタッフがいるのかもですね……。


 クトゥルフネタ全部解説



エルダーサイン(おみやげ):おみやげの形がエルダーサイン。今までのニャル子さんでも沢山つかわれてきた。これとかこれとか。



佐賀3:元ネタの『SAGA3』にはクトゥルフネタが沢山登場する。らしいのですが、すみません。ここの管理人コンシューマ機をまったく持ってないので未確認です……。(追記。『SAGA3』に登場するクトゥルーネタをまとめて下さいました! こちらを御覧くださいませ)


 と書いていたのですが、この画像、『SAGA3』というよりも『ロマンシングサガ3』が元ネタのようです。なお、ロマンシングサガシリーズにはクトゥルーネタがちらほら登場し、2ではディープワンが登場するようです。
 以上から、『ロマンシングサガ』と、『SAGA3』のダブルミーニングの可能性が高いと思われます。


 また、『SAGA3』を制作したスティギアソフトのスティギアとは、クトゥルー神話関連作品でもあるコナンの地名から採用されたようです。
 さらに、『ロマンシングサガ』シリーズは、台湾での発売時の中国語が『復活邪神』だったようです。



ワンダーツァンクリスタルに似ている気がしますがクトゥルー神話に登場する地名に、ツァン高原がある。


 追加。コメントでご指摘いただきました。ラヴクラフトの作品に『エーリッヒ・ツァンの音楽』という怪奇短編があります。ツァン高原とどちらが元ネタかは不明です。



アザトース様が見ていらっしゃるわ:アザトースとはクトゥルー神話の中でも最高神格とされる存在。一連の台詞を含め、『マリア様が見てる』から。



ベッドの下に這っている混沌:「這い寄る混沌」から。



スーパーニャル子ちゃんタイムの始まりですよー!『スーパーニャル子ちゃんタイム』はスピンオフの4コマ漫画。こちらで最新話が読める。



右端の水着の女の子:何度このアドレスを張ったか! 『るるいえはいすくーる』の表紙の女の子。



ファミリーレストラン、ダーレスへようこそ」クトゥルー神話の拡散にとてつもない貢献をした作家にオーガスト・ダーレスという人がいる。ラヴクラフトの死後、自腹を切ってそれらの作品を世に送り出し、今につながるクトゥルー神話ブームの礎を作った。日本ではかつて、誤解からダーレス批判が展開されたこともあったが、今ではそれらの誤解が解けてきている。
 日本には、女体化されたダーレスが登場する作品もある。こんな感じ。18禁だけどこちら
 虫の名前をダーレスとつけた作品も。参考画像はこちら。作品はこれ


深きもの型ベル:呼び鈴の形が深きものどもの顔。



タコ足ケーキ:日本だとキャラ弁が有名だけど、海外ではホラーケーキという文化が存在する。その中に、クトゥルージャンルで作る人もいて、もちろんタコ足のもあり。画像はこんな感じ




婚姻届:沢山ネタが詰め込まれた婚姻届。以下、クトゥルー神話ネタ部分を。
 拡大画像はこちら


  蜷川区クトゥルー神話ライトノベル『うちのメイドは不定形』の舞台となる地名。『萌え絵で巡る! クトゥルー世界の歩き方』でも紹介されている。
  2009年4月15日『這いよれ! ニャル子さん』の一巻の発売日。
  ウィスコンシン州ン・ガイの森 1920 11ニャルラトホテプが棲んでいた場所。『闇に棲みつくもの』でクトゥグアに焼き払われた。「1920 11」は恐らくラヴクラフト著『Nyarlathotep』の発表年が1920年11月であることから。
  百万の愛でられしものの父:ニャルラトテップの二つ名の一つ。初出は『闇に囁くもの』。『マレウス・モンストロルム』では、その愛でられた子らがデータ化されている。「星のよどみに潜むもの」、「嘆きの聖母たち」など。
  大胖女人:ニャルラトテップの二つ名の一つ「膨れ女」の中国語訳。クトゥルフ神話TRPGキャンペーンシナリオ『ニャルラトテップの仮面』から。膨らんだ女教団は、全ての信者が左の脇腹に教団の印である「大胖女人」の入れ墨をしているとのこと。ツイッターで教えていただきました。
  Harvey Waltersクトゥルー神話TRPGのキャラクター。他作品でも使われており、アーカムホラーなどにも登場する。
  毎野グラ子:元ネタの「マイノーグラ」とはニャルラトホテップの従姉妹とされる女神。「0965943364」はマイノーグラが初めて言及された『Wings in the Night』のISBNコード。
  窮極の混沌の中心:アザトースや外なる神々がたむろっている場所。





STR:80 CON:50 SIZ:90 INT:86 POW:100 DEX:19 HP:70 db:+10D6:ニャル子のデータ。実はこれ、『マレウス・モンストロルム』に掲載されている「血塗られた舌、月に吠えるもの」のデータ。証拠画像はこちら
 同様にクー子のデータはクトゥグアのデータ。証拠画像はこちら
 ただし、ハス太のデータはクー子のものをコピペしてしまったっぽく、クー子と同じになっている。一応、ハスターの元ネタデータはこちら


 なお、これらのカットはクトゥルー神話キャラが登場する『カオスコード』にキャラたちの紹介ポーズと同じです。



 関連リンク:ニャル子さん元ネタwiki
 関連リンク:「這いよれ!ニャル子さん」8話に登場したパロディの元ネタを分かる範囲でまとめてみた
 関連リンク:NyaruReferences(海外のファンによるクトゥルー神話ネタのまとめ)