読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャル子さんから入った人のためのおすすめクトゥルフ神話作品


 ニャル子さんからクトゥルーなんて、と思うかもしれませんが、大丈夫です!
 今クトゥルーに染まっている先人だって、『デモンベイン』『女神転生』『黒の断章』『沙耶の唄』『シャドウハーツ』『ワイルドアームズ』などのアニメ、ゲーム、漫画媒体から入ってきた人がほとんどです。一番最初に『ラヴクラフト全集』を読み、そこからクトゥルー神話を調べ始めた人なんて多分5%もいないとおもいますしね!
 遠慮無く、ニャル子さんを入り口にしてくださいませ。


 でも、何から入ればいいのか解らない人も多いと思います。
 そこで、独断と偏見でお薦めのクトゥルフ作品を選んでみました!
 漫画、映画、ラノベ、ニコ動など、カテゴリ別に書いてます。
 興味ない箇所は読み飛ばしてそこだけご覧下さいませ。


 では!


 とりあえず一番のお薦めは?


 一番のオススメは、あなたがもとから興味を持っているジャンルの作品です。
 漫画、小説、映画、音楽、TRPG、ニコニコ動画、イラストサイトめぐりなどなど、なんでも構いません。
 他人のお薦めを信じて身近じゃないジャンルに突撃するよりも、自分が好きなものとクトゥルー神話が重なっている場所から入るのが一番です。
 更に言うなら、金銭的にも、時間的にも、負担の少ないものを選ぶのがいいでしょう。
 それが最も入りやすく、かつ楽しく続けられるクトゥルー道です。


 ここの管理人のオススメは?



 まずは一冊、解説書があれば便利です。
 というのも、wikipediaなどで読んでもいいのですが、情報量に際限がなく、またさほど重要でない情報も詳細すぎるほど書かれているため、物凄く時間を浪費してしまう可能性が高いです。数百円から千円以下で十分なのが買えますので、イラストもついていて頭に入りやすい初心者向け解説書が一冊手元にある方がいいと思っています。
 一冊選ぶとすれば、費用対効果、イラストの豊富さ、わかりやすさなどから、『ビジュアルで楽しむ「クトゥルフ神話」』をおすすめしています。(なお現在品薄中で価格を釣り上げている業者がいますが、無理せず通常価格で入手してください)


 原作のラヴクラフト全集はどう?


 沢山の人が勧めてくると思いますが、はっきり言います。
 本好きを自覚している人でなければ、後回しにしてください。
 文字を読むのになれている人でないと挫折する可能性があります。(勧めてくる人は無事読み終わった人ですから、途中で放り投げる可能性に気づきにくいのです)


 繰り返します。
 最初にラヴクラフト全集に突撃されるのは、もとより本好きの方のみにしてください。
 なお、収録巻はバラバラなのですが、『クトゥルフの呼び声』『インスマスを覆う影』『宇宙からの色』『エーリッヒ・ツァンの音楽』『ピックマンのモデル』など、面白いと言われる作品を抜き出して読むのがオススメです。


 でも、やっぱり、何と言ってもあらゆるクトゥルー神話の原典!
 本好きにとっては面白いんですよー。形容詞過多のくどい文章もかみしめているうちに、変なリズムになってきて。怪奇で甘美で狂気で深淵。伊達にここまで熱狂的なファンを生み出しているわけじゃありません。(翻訳がよくないというお話も多数から聞こえてきますが……まあ……)
 いつかは手にとってくださいね!


 ……まったく、合わない可能性も一定数あるんですけどね。


 小説から入りたい場合は何から?


 小説から入りたい方には、まず『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー 第一巻』をおすすめします。大元といえる『クトゥルーの呼び声』が収録されていますし!
 それで面白ければ、クー子対ニャル子ならぬ、ニャルラトテップ退治の為にクトゥグアが召喚される『闇に棲みつくもの』が収録された『第四巻』、ティンダロスの猟犬が登場する『第五巻』、インスマスを覆う影が収録された『第八巻』をおすすめします。


 なお、『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー』は基本的にアンソロジーです。怪奇やホラーアンソロジーを沢山読まれている方には実感していただけるでしょうが、基本的に好みによる当たり外れが多いです。まったく面白く無いと思ってしまう場合があります。(卑怯にも予備線を張ってやるぜ!)


 なお、2巻はできれば後回しにしてください。面白い人には面白いのですが、まったく面白くない人が一定数以上いると思われる危険巻です。
 いや、私は好きですよ。好きなんですけどね……。物凄く頻繁に、「2巻はつまらない」という意見を見てしまうので。


 2012年04月18日追記
 クトゥルー神話研究家森瀬繚さん曰く。「僕は初めて読んだ時からずっと2巻(というか「永劫の探究」)面白いと思ってますよ。人にも素直に勧めます。青心社『クトゥルー』は、普通に頭から順番に読めばいいんじゃないかと思う。と、申しますか。「ニャル子さんで興味を持った人」を対象とするなら、なおさら2巻を勧めた方が良いのではないかと思われます。」
 納得のご意見……。2巻は連作短編集という形なのですが、バイアキーとか蜂蜜酒とかのネタが大量に出て、しかも冒険活劇的ですし!


 PHP社から漫画版もでているようだけどこれは?


 クトゥルー業界は狭く、関係者が結構周りにいますが……すみません、自分の感覚は裏切れません。
 はっきり言います。オススメしません。粗筋をつかむならいいかも知れませんが、作者に漫画力がなく、面白さを感じれない可能性が高いです。これはPHP社のクトゥルフ神話漫画化シリーズ全般に言えることです。アマゾンでの評価がそれを物語っています。こんな感じで。
 わざわざ項目にしてまで言うこと無いとおもわれるかも知れませんが、やっぱり……クトゥルー神話がつまらないと思われるのも何ですので。
 
 
 追記。
 ラヴクラフト作品の漫画化でしたら、『異世界の色彩』が素敵でした。シリーズ化している田辺剛さんのラヴクラフト傑作集シリーズは総じておすすめです!


 ニコニコ動画でいいのある?


 あります!
 『ゆっくりたちのクトゥルフの呼び声』『実はめっちゃ面白いクトゥルフ神話TRPG』『ふたりでクトゥルフ』『Call of Cthulhu : Dark Corners of the Earth』をおすすめします。どれも素晴らしく面白いです。
 2011年度のゆっくり・オブ・ザ・イヤーを獲得した『ゆっくりたちのクトゥルフの呼び声』は鉄板。「ゆっくり×クトゥルフ」ブームを生み出した記念碑的作品だけはあります。(ただし未完……)
 クトゥルフ神話TRPGの面白さを感じてみたい方は実はめっちゃ面白いクトゥルフ神話TRPGを。実際の卓の雰囲気もつかめますし、イラストも雰囲気も素敵です。公開半年で100万再生行ったほど。
 クトゥルフ神話TRPGを詳しく知りたい方は『ふたりでクトゥルフ』が実に初心者向けです。すごく丁寧に作られていて、解説も親切。


 『Call of Cthulhu : Dark Corners of the Earth』はFPSゲーム好きなら特に! クトゥルフ神話における探索と恐怖を実に的確に表現しています。物凄く長いですが、映画を見る感覚で。海外のゲームですが、うぷ主の翻訳が物凄く丁寧で、適格で、素晴らしいのですよ! しかも魅せるプレイをしてくれますし! 凄く長いのですが、時間があるなら是非これを一番おすすめします。


 また、アイマス好きにはいあいあm@sterというタグがあります。中でもオススメは、『アイドルたちとクトゥルフ神話の世界を楽しもう!』なのですが、こちらも残念ながら未完。
 後は、慧音「フリーダムってレベルじゃねぇぞ!」ゆっくりクトゥルフTRPG【クトゥルフTRPG】ラフヘローの結末ゆっくりみなぎってくるクトゥルフなどもおすすめです。


 漫画でいいのある?


 少し古い作品ですが、『邪神伝説シリーズ(全五巻)』がオススメです。こちらは主要なクトゥルー神話要素がひと通り登場するため、すごく勉強になります。


 エロゲでいいのある?


 『沙耶の唄』と『デモンベイン』を超おすすめします。是非、プレイしてください。
 『沙耶の唄』はクトゥルフ神話用語は、ほとんど登場しませんが、宇宙的恐怖というものを感じさせてくれます。何しろ、あのまどか☆マギカの作者、虚淵玄の作品なのですよ!
 『デモンベイン』はニャル子さんとはまた違った方向性のエンターテイメント作品です。本来のニャルラトテップに近い悪質なニャル様が登場します。ニャル子さんの前にクトゥルーブームを起こした名作です。


 アニメでいいのある?


 ありません。
 ニャル子さんが最もクトゥルー神話要素の多いアニメです。
 クトゥルー神話要素が多いという1点をもって、強いてあげるならデモンベインですが、なかったことにされることが多い黒歴史作品です。原作であるゲームを遊ぶほうがいいでしょう。
 それでもアニメの中から探したい場合は、このブログで過去にまとめたクトゥルー神話アニメのリストを御覧ください。


 映画でいいのある?


 クトゥルー神話知識を少し得た人が楽しむためということなら、ちょいとB級ですが、『ネクロノミカン』をオススメします。H・P・ラヴクラフトが活躍します。
 あと、クトゥルー神話っぽい何かであり、厳密にクトゥルー神話かは不明なのですが、『MYST』がもうなんていうかヤバイです。おぞましいほどのバケモノが映像になっています。(ホラー注意!)


 ライトノベルでいいのある?


 『うちのメイドは不定形』を!
 クトゥルー神話研究家の森瀬繚さんが関わっていますので、むちゃくちゃネタが濃いです。特濃です。その為、解説書片手に読んでも解らない箇所がおおいかもしれません。テケリさんかわいいよテケリさん。


 フリーゲームでいいのない?


 もう少しだけクトゥルー神話知識を蓄えられてからですが、『クトゥルフの弔詞』をおすすめします。そうですね……。解説書片手に『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー』の第一巻を読み終えたくらいにプレイするのが一番面白いと思われます。
 このブログでも紹介しておりますので、よろしければ御覧ください。こちらの記事です。


 ボードゲームでいいのない?


 宇宙は深遠だ。ある個人というある個人が出会う確率は物凄く少ないといって良い。だからここの管理人がクトゥルー神話ボードゲームを購入してもほとんど遊んでいないのはぼっちだからではなく、宇宙開闢から決まっている忌まわしくも冒涜的にして名状しがたくも計り知れない運命であり真理なのだ!
 いあ! いあ! くとぅるふ ふたぐん!
 偉大なるクトゥルー様に捧げられたボードゲームには、アーカムホラーマンションオブマッドネスなどがあるぞ!


 食べる系で無い?


 ありますよ! クトゥルーケーキとか、クトゥルーチョコとか!
 あと、黄金の蜂蜜酒というアイテムがクトゥルー神話によく登場し、バイアキーと呼ばれるクリーチャーの召喚に使われるため、蜂蜜酒がクトゥルー神話好きの間で愛好されています。美味しいですよ!


 最後ネタに走ってない?


 クトゥルー神話という素材が色々な場所で使われていることをお伝え出来ればと考えました! 
 ホント何でもありなのです。
 あなたの得意な場所から入り、 遠慮無く、好きな形でクトゥルー世界を楽しんでくださいませ!



 
 
 
cthulhu.hatenablog.jp
cthulhu.hatenablog.jp
cthulhu.hatenablog.jp
cthulhu.hatenablog.jp
cthulhu.hatenablog.jp